≪ 2017. 08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017. 10 ≫

フリーエリア

プロフィール

花雪

Author:花雪
2007年に結婚し、2008年に出産しました。
家族の笑顔がなによりのエネルギー源です。

最新記事

カテゴリ

FC2ブログランキング

FC2カウンター

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

報われた瞬間

昨日の事。

保育園から帰ってきて暫くは機嫌よく過ごしていたんですが、

夕食時に、おかずの肉豆腐がうまく箸で掴めなかった事で

イヤイヤ大爆発。

食事放棄で2時間くらい、ず~~~~っとぐずりっぱなし。

私が声を掛けようものなら

おかあさんなんかだいっきらい!(←憎しみがこもった風に)

あっちいって!!部屋から出て行ってー!(←絶叫)

もう死になさい!!(←これはさすがに堪えた)

と、その他色々。

私の精神はボロボロでした。


なんで頑張ってるのにこんな事言われなきゃならないんだろう。

なんで神様は私に子供を授けたんだろう。

もう頑張れないよ…。本当に死んでしまいたい。


日頃の心に溜まっていた濁った気持ちが噴き出して、台所で独り泣いてました。


夜が深まり、ぐずっていた息子も泣いたり大声出したりして疲れて眠くなったのか、

布団に入っていきました。

暫くすると、すすり泣きながらもか細い声で私を呼びました。

放置するのも可哀想と思い、私も布団へ。


毛布に包まって、うとうととしている我が子を見ていると、

寝顔は天使の顔だなぁとつくづく感じました。


その時、息子の目が薄く開き、私を見てこう言ったのでした。

「おかあさん、いつも美味しいごちそうを作ってくれて、ありがとう。」

その瞬間、私の目から涙がぶわっと溢れました。



私が「ありがとう、本当にありがとう。」と言って嗚咽を堪えながら微笑むと、

息子もにこっと笑って眠りにつきました。



あぁ、私、生きてて良かった。
 
2012. 02. 01. (Wed) 10:27  [イヤイヤ期コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。